注文住宅で家を建てたい!家づくりに役立つ工務店の関連情報を分かりやすく紹介

こちらのサイトは、家づくりがしたい・注文住宅で家を建てたい人に最適な工務店の関連情報を分かりやすく紹介しています。
比較的規模が小さい、小回り利く会社が多いけれど地元の会社を利用することでどのようなメリットがあるのか、これを知っておくと依頼先を選ぶときに考えることもできます。
また、ハウスメーカーと比較すると広告宣伝費を抑えて営業を行っているため、家づくりにおけるコストを下げる効果も期待できるなど幅広く紹介しているため参考にしてください。

注文住宅で家を建てたい!家づくりに役立つ工務店の関連情報を分かりやすく紹介

工務店と聞いたとき、リフォームや増改築などを専門にしている会社なので注文住宅を建てることができない、このようなイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。
工務店は大工さんが会社組織の形で法人格になったものなどのようにいわれており、ハウスメーカーの下請け会社も同じような工務店が家を建築しているため注文住宅の家づくりで工務店を利用することも可能です。
また、新築工事だけでなく増改築やリフォームなども可能にしているのもハウスメーカーとの違いの一つです。

工務店を選ぶ際にはハウスメーカーとの違いもしっかり把握する

注文住宅を建てる際にハウスメーカーと工務店のどちらを選ぶか迷ってしまうことも多いのですが、その違いを明確にしておく事はどちらを選ぶかを決める上で非常に重要なポイントとなっています。
工務店の場合には様々な施主の要望を細かく聞くことができ、またこれまでの経験やその地域での特徴などを十分に生かしてできるだけ施主の意見にそった家づくりを目標としているのが一般的です。
いろいろな個別の要望に柔軟に対応することができるほか、地域に最適な最新技術を利用することもできるので、理想の家づくりをするには非常に適していると考えられる面が多々存在しているのが特徴です。
しかし工務店の場合にはその一つ一つが手作りとなることが多いため、価格は高額となる場合が多いのが難点です。
ハウスメーカーの場合にはあらかじめ様々な部分が用意されており、注文住宅であってもこれらを組み合わせることで実現する場合がほとんどであるため、比較的価格を安くすることができる代わりに、細かな部分での柔軟性が乏しいのが難点となっています。

工務店の規模や施工エリアをハウスメーカーと比較

注文住宅の依頼先である工務店とハウスメーカーを比較することで、どちらに依頼すれば自分たち家族が求める家づくりを実現してくれそうか分かることも。
全国各地に支店を置き営業活動を行っているハウスメーカーは大手の企業です。
テレビコマーシャルなどで宣伝を行い、広く知られているような知名度があります。
全国各地にモデルハウスを展開しており、家づくりにおいてはあらかじめ材料やプランを用意するなど一律の品質を保つための工夫がされています。
工務店は地元に根ざして営業活動を行っている中小規模の会社です。
会社のあるエリアを中心にその周辺や県内、隣接する都道府県など狭いエリアを対象としています。
地元に根ざしていることから、土地勘に詳しかったり、その土地や風土に適した家づくりを得意とすることも。
また対象エリアが狭いことで相談しやすかったり、家の困りごとにすぐに駆けつけてもらえる利点もあります。
工務店は規模が小さく地元で活躍している会社です。

工務店とハウスメーカーのプランの違い

工務店は、端数メーカーと比較して個別具体的にプランを考えていくことが多いです。
特に、小規模で経営を行っている工務店はそれぞれの顧客へのサポートが手厚く、時間を割いてくれますのでこの傾向が強いと言えます。
自社経営の強みを活かしながら、理想の物件を実現するための手助けを行うので非常に魅力です。
フルオーダーで相談をすれば、文字通り1から全てを顧客が決めていくことも可能です。
一方で、ハウスメーカーの場合は個別具体的に考えることは稀です。
ある程度のプランが決められていて、その中から選択してオプション的に注文を加えていくのが基本です。
これは、モデルハウスをイメージするとわかりやすいです。
大手のハウスメーカーには、その会社が提供したいモデルハウスが存在します。
ある程度の方向性が決められていてそれを実現するための一定以上のサポートが存在するのが大きな魅力です。
どちらを選択しても、自社の強みを活かすことができるサービスであるため人気を集めています。

工務店とハウスメーカーの施工精度や工期

マイホームを建てる場合、工務店かハウスメーカーで悩むことがあります。
この2つはよく比較されることであり、それぞれメリットとデメリットがあります。
ハウスメーカーは自社工場などで建材などをカットしてくることから、比較的工期は短く、施工精度も統一されています。
現場では組立のみを行うことが多く、電気の配線などもすべて場所が決められているため腕はあまり必要ありません。
一方の工務店はすべて1から行うことが多く、一つ一つ手間をかけて作り上げていきます。
そのため工期は長くなる傾向があります。
施工精度に関しても違いがあり、大工が建築をしていくので、担当した人によって差があります。
品質にばらつきが若干あるので工務店を選ぶ場合は過去の施工事例を見せてもらい、どのような家づくりをしているかを確認すると良いでしょう。
工務店のホームページなどにも請け負っている大工の紹介などが記載されているので、参考にすることができます。

工務店ならフルオーダー方式の注文住宅を建てることができる

工務店の最大の特徴は、モデルハウスを参考にしないという点が挙げられます。
大手の工務店などでは、確かにある程度のプランが提供されていることもあります。
しかし、自社経営を行っている地域密着型の工務店に相談をするとモデルハウスが存在しないので個別具体的にフルオーダー方式で注文住宅の相談ができるという大きなメリットがあります。
文字通り、顧客の要望に最大限に寄り添った注文住宅を建設できるようになりますので、理想の物件を購入できるメリットが生まれます。
また、こういったフルオーダー方式の場合は日本家屋の外装や内装だけではなく、海外風の輸入住宅を利用することもできるようになります。
特に、海外から特別の輸入ルートを持っている場合には実際に海外で使われている素材を利用しながら、理想の住宅を建設していくことも可能であるため非常に魅力的です。
様々な形で新築一戸建てを建設できるため、家族構成を考えながらその人たちだけの理想を実現するための最も効率的な近道であるといえます。

都心部の狭小地にも家を建てることができる工務店の強み

東京や大阪などの大都市部でまとまった土地を手に入れるには多額の資金が必要になりますが、狭小地であるならばなんとか購入できるという方は少なくありません。
問題になるのは、そうした面積が小さい土地に住宅を建てられるハウスメーカーは限定されるという点です。
ハウスメーカーの多くは一般的な土地を想定した住宅ブランドを展開しており、狭小住宅に対応しているところは少数です。
また、対応していても間取りの自由度は極めて低いので、家づくりにこだわりがあったとしても、それを実現できるかどうかは未知数と言えます。
その反面、工務店はハウスメーカーに比べて自由度が高いので、狭小地のような制約がある状況にあってもこだわりは実現したいと考える方にはお勧めです。
工務店選びを行う際には、都心部の狭小住宅づくりに実績があるところを選択しなければなりません。
実績がたくさんある工務店に決めれば、建築基準法や条例などの法令や防火規制などのルールに従った家づくりが確実に行われますし、その土地に適した構造・工法が用いられます。
もちろん、生活動線が短い効率的な間取りを実現することや、施主のこだわりを反映した空間やデザインに仕上がる可能性も高まります。

工務店は施工上の制約が少ないため自由度の高い設計デザインが可能

工務店は、フルオーダーで注文を行うことができるため制約が非常に少ないというメリットが存在します。
どういった形であっても注文を受け入れて進めていくことができるだけのスキルもありますので、初めて相談する人であっても安心して任せられます。
特に、注文住宅でサービスを利用すれば理想としている武器を実現できるだけのスキルがあります。
自由度の高い設計を行うことができるのは、優秀な設計士が在籍しているという点も大きいです。
設計士は、顧客と相談をしながらそれを実現するために様々な修正を行います。
例えば、特徴的な内装を実現したいと考えていてもそれが現実的に住みづらい状態になっていると意味がありません。
工務店側は、こういった現実と理想のバランスを追求して提案することによって、より良い形でサービスを届けられるように工夫をします。
デザイン性の高いしたい場合には、海外で利用されている欧州風の輸入住宅なども実現できるのでメリットは多いです。

工務店は展示場やショールームを完備していないので具体的なイメージが付きにくい

全国で営業活動を行っているハウスメーカーは、各地の支店にショールームを設置していたり、住宅展示場でモデルハウスを展開していたりします。
ハウスメーカーがどのような家づくりを行っているのか知りたい場合や、家づくりの具体的なイメージが湧かない時に参考にするために利用されています。
地域に根ざして狭い範囲を対象として営業活動を行っている工務店はショールームや展示場がないことがほとんどです。
そのためイメージが付きにくいこともあるかもしれません。
工務店の中には実際に建てられたオーナーさんの家が見学できるオーナー見学会などが開催されることも。
不定期なためタイミングが合えば、実際の家づくりの様子を体感できます。
オーナー見学会は生活されている空間であるため、失礼がないように配慮が必要です。
しかし実際に建てた感想などが聞けるため、よりリアルな参考になることも。
工務店で家づくりを行いたい場合は、オーナー見学会について問い合わせてみると良いでしょう。

職人さんの技術力は工務店により差があるので建築実例を確認

工務店といえば技術力を持った職人集団、というイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし実際のところは工務店によって差があります。
伝統的な木造建築の技術は失われつつあります。
日本の建築には日本の木材を使うのが当たり前でしたが、現在は輸入材がほとんどです。
日本の木は山の傾斜面で育つため、曲がりや反りなどの癖があります。
一方の輸入材は平地で育てられることが多く、癖が出にくい傾向があります。
さらに国産材を柱にするにしても、中心部と外側で含水率などのばらつきが大きく、使いこなすには知識と慣れが必要になります。
この例からもわかるように、一部の技術はそれを使い会社の中で先輩から後輩へ伝えられていくものです。
日本の木材を使わない工務店に勤めている人は、当然その扱い方を知りません。
この偏りをしっかり把握して依頼先を決めるのが賢明です。
それをチェックするにはまず建築実例を見るのがおすすめです。
工務店のホームページにも載っていますし、頼めば資料を見せてくれます。